新卒採用情報トップ > 先輩社員からのメッセージ > 営業事務部 営業事務一課 松田 和樹さん

先輩社員からのメッセージ

入社4年目松田 和樹

営業事務部
営業事務一課

営業事務一課の移管・贈与グループで、移管・贈与書類の確認や残高振替入力などの業務に従事。

1年目からでも業務の効率化を提案できる。

私の所属する営業事務一課には3つのグループがあり、それぞれ異なった業務を行っています。その中で私は移管・贈与の業務を担当しています。移管ではお客様が取引をする支店を変えるときに旧支店から新支店へ残高や契約を移す作業、贈与では贈与されるお客様の口座から贈与を受けるお客様の口座へ残高を移す作業を行っています。営業店からの書類をもとに業務を行うので営業店の方とのやり取りが多い業務です。

「時間内に終わらせよう」という意識が高い部署で、そのための効率化についてのアイデアは、1年目でも提案することができ、ひとつひとつの意見にもしっかり応えてくれる環境があります。上司からは「何年もやっていると当たり前になってしまい、1年目にしか気づかないこともあるから、どんどん意見を出してほしい」とよく言われました。柔軟性のある環境はとても働きやすいと感じています。

自分の能力を伸ばせる、充実した研修制度とOJT。

入社1ヵ月後の新入社員研修でマナーや事務に関する研修を受けてから配属になります。その後、半年後の研修や新人だけでなく、全社員共通の外部研修を受講する制度もあります。外部研修では、タイムマネジメントの講義などを受けましたが、普段の業務だけでは身につかない時間の管理の仕方も身につけられ、それを会社で活かせるのでうれしいです。

OJTでは、一年目は業務日誌を上司、管理職に提出し日々の進捗状況を確認してもらいます。また、先輩や上司と毎日、日経新聞の読み合わせを行います。新聞を読む習慣をつけるだけでなく、毎日違う先輩、上司と会話することでコミュニケーションを取るきっかけにもなります。週に一回は、管理職が参加してくれる日もあり、とても勉強になります。

就職活動中の皆さんにメッセージを。

内定が早く決まる人と、遅く決まる人がいます。遅かったとしても、そこで焦ってしまってはいけないと思います。焦ることで諦めてしまうこともあるので。自分の行きたい会社のスケジュールも違いますし、自分のペースもあります。焦らずに最後までしっかり活動できるような気持ちを持ち続ければ、後悔が少ないと思います。

募集要項・エントリー(マイナビサイトへリンクします)